1 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:13:00
女優の吉岡里帆が主演するドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第7話が28日に放送された。
今話では、川栄李奈演じる栗橋と、彼女が担当する生活保護受給者・中林(池田鉄洋)を中心にストーリーが展開。
SNSでは「川栄李奈さんの演技が良かった」「いい女優さんだなー。このドラマ、私は好き」という声が集まり、川栄の演技力が称賛された。

優等生の栗橋は、豊富な知識と福祉に対する高い意識を持って、バリバリと仕事をこなしている。
同期随一の“できる”ケースワーカーだが、そんな彼女にも「できない人の気持ちが分からず、人前で笑うのが苦手」という欠点があった。
だからこそ、栗林は、どんな利用者にも全身全霊でぶつかり、笑顔で接するえみる(吉岡)に人知れずコンプレックスを抱いていた。

そんな栗橋は、姉を1年前に亡くして以来、働く意欲を全く見せない中林という受給者に苦心していた。
このままでは税金のムダ遣いにしかならないと考えた栗橋は、求職活動をするように口頭で指導するが、中林は求職活動をする様子を見せない。
そこで、栗橋は生活保護廃止につながる内容を文章化した“指示書”を発行。
すると、翌日、“指示書”を持った中林が役所を訪れてきて…。

仕事に真摯に取り組んでいるものの、どこかクールな印象が強かった栗橋。
中林とのやりとりを通し、受給者のためを思い、奔走する熱い気持ちと、迷い苦しみながらも前に進む健気な姿が見え、視聴者からは「とても素敵でした。観ていて胸熱になりました」「一番共感出来たかな 栗橋さんも中林さんも壁を乗り越えてひと皮剥けた感じがとても良い 二人とも頑張れ」「実際のケースワーカーって栗橋さんみたいなタイプの方が多い気がしますが間違ってない支援の在り方で優秀なケースワーカーだと思いました。川栄李奈ちゃん回良かったなぁ」など、大きな反響を集めた。

また、「識字障害」のリアルを描いたことから、「識字障害についてはじめて知りました。恥ずかしいです。でもありがとうです」「見た目だけでは気づかないこと、気づいても理解してくれる人がいないと意味がないこと。今回もまた学ばせてもらいました」という声も相次いだ。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活 』第7話 川栄李奈






元AKB48 川栄李奈


258 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 13:51:52
>>1
また、圧倒的とか類い稀な、とか形容する
ばかか
2 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:14:20
元AKBの時点でいらんわー
5 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:15:32
川栄なら 伊藤沙莉でいいわ
っていつも思うけど
65 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:29:28
>>5
川栄はとても良いけど、伊藤沙莉はレベルが違う
9 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:16:24
どんな男がいいかって女子会的に会話しているときの演技は良かったよ
10 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:16:27
チラッと見てヘタだなーと思ったけど世間の評価は違ったのか
12 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:17:21
そんなら主役やってみろよw
17 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:18:29
曲がらない指あまり隠さなくなったな
18 :ふじこふじこ 2018/08/29(水) 12:18:49
吉岡里帆置き去りw
関連記事:総選挙はもはや社会現象!AKB48 PV15選